あさひねこ新聞 07月31日 号

asahineko ボトルクーラー仕上げ 外の曲線はすべて手作業にて仕上げます。一番高い所から低い所にかけて板目にR加工する事によって木輪が中心にくるようになっています。 寸法でいくついくつと、いう事が通用しない工程で、中々至難な作業です。均一に擦り込まないと真ん中に模様が来ないし、擦りすぎると手掛けの溝が浅くなってしまいます。 ひとつひとつと向き合い、無心になってできる工程です。気付くと頭がヒノキの粉で真っ白状態に。これもまた木工の面白い所。

あさひねこ新聞 07月20日 号

asahinekoアイスペールの組付け。ボトルクーラーと比べてひと回り小さいサイズです。中は拭漆ではなく、クリアーなタイプ。 2個づつハタガネで締めていきます。相手は木です。 ひとつひとつ返ってくる答えが異なり、たかが枘組と侮れません。反り、割れ、全てにおいて木が訴える事に出来る限り返事をしていきます。それでも中には癖のある子は単品で締めます。20年、30年と木と向き合ってる方達もまだ&

asahineko ”置受掛揺”が『MONOCLE』に掲載されました。

201310241737-1201310241737-2

モノクルは英国ロンドンに本部を置き、国際情勢、ビジネス、文化、デザインの柱を中心に

毎号200ページに及ぶ月刊誌を年間10号を

日本を含む世界65カ国以上の読者に届けております。

取材は本部に加え、東京、香港、ニューヨーク、トロント支局、

そして世界の特派員を合わせて自らの手で行っております。

2007年の創刊以来、弊誌は世界の官公庁、都市計画家、ビジネスマン、デザイナー、

建築家、起業家、ものづくり従事者など、

弊社が網羅する4つの柱の世界での情勢を欲する人々に愛読され成長を続けて参りました。